Embouchure Questions – Lower Register For Low Placement Type

I’ve recently gotten a couple of very similar questions about the Low Placement embouchure type from my YouTube video Five Myths About Brass Embouchures.  “albrt2890” asks:

I have a student (f horn) who plays with a large amount of lower lip however when he descends into the lower register of the horn he changes his mouthpiece position so that he has more upper lip in the mouthpiece. Would it benefit him to try to play horn with the “Standard” embouchure through all ranges?

“dreadss64” similarly asks:

i use that same embouchure when i play my trumpet! But when i play mello i have to change it.its really hard diging out those low notes. My brass teacher said my trumpet embouchure is bad and that i need to change it. Do you agree?

First of all, without being able to watch a student play in person I can’t say for whether or not that player’s embouchure type is correct.  That said, in virtually every case I’ve seen where a player was playing naturally with an upstream embouchure type (meaning, more lower lip inside the mouthpiece), this was the correct type for the player.  There is something about the combination of physical characteristics that makes it possible for upstream players to play (sort of) by moving their mouthpiece placement higher on the lips and making their embouchure downstream.  However, players who are properly one of the two downstream embouchure types can’t seem to make an upstream embouchure work at all.  Along with the normal rarity of upstream embouchure types (maybe 15% of brass players, maybe even less) this makes many downstream teachers assume that an upstream embouchure is incorrect and one of the first things they do is try to “fix” their upstream students by moving their mouthpiece placement up to a downstream placement.  This is usually the last thing they want to do.

Low Placement Embouchure Type (High Bb)
Low Placement Embouchure Type (Low Bb)

While every player’s embouchure is unique, there are certain tendencies Low Placement type embouchure players have.  When working correctly, they often find that their upper register is quite strong, but they sometimes struggle getting much sound and flexibility in the low register.  To compensate, sometimes they will move their mouthpiece placement higher on the lips, sometimes even switching to a downstream embouchure like “albrt2890’s” student, or sometimes simply moving their placement closer to center, but still upstream like the student pictured here.

One analogy I like is that players belonging to this embouchure type are sometimes like a “muscle” car.  Engines on these cars can run really rough and sputter along while idling at a stop light, but once the car gets up to highway speeds their engine purrs along and runs very smooth.  Likewise, some Low Placement type players will find that their upper register works great, but they have a lot of trouble bringing the embouchure coordination down into their lower registers.

These players shouldn’t resort to changing their mouthpiece placement in order to make the lower register stronger, they will end up loosing the great lip compression they have for the upper register (and, no, it won’t come back with practice after the muscles have “time to adjust,” as some of you might be thinking).  What they want to do is learn how to descend properly with the same embouchure that works so well for their upper register.

First, these players may find their overall warmup to work better by starting on higher pitches than many other players.  Personally, as a Low Placement type myself, I start on F above middle Bb (trombone) or even high Bb as my first note of the day.  Trumpet players may want to start on G on top of the staff or even high C.  Tubists might try starting on F in the staff and horn players on around a C or E towards the top of the staff, maybe even G on top of the staff.  Less experienced players may want to start a little lower than this, but avoid starting off the day in the lower register.

Once these players have established their embouchure feel in the higher side of the middle register and in the upper register they can start working their way down from there.  They should start on a higher note and practice descending down on the same breath, to avoid giving themselves a chance to reset when they catch a breath.  If exercises require more than one breath to finish they can breathe through their nose while keeping the mouthpiece placement on the same spot on the lips.  As they descend they should gradually play softer and allow the tone to get thinner at first.  Avoid collapsing the embouchure formation and try to not drop the jaw at all.  Over time, this will help these players figure out exactly what they need to do with their lips (and tongue arch, and breathing too) to descend and the tone will start to open up.

One thing that can really help work out how to descend with compression here is to learn about how the embouchure motion works for the particular player.  While everyone has some unique deviations in the amount of motion and the exact angle it tracks along, Low Placement embouchure type players will push the mouthpiece and lips together as one upwards towards the nose to ascend.  There is a tendency to overdo the amount of motion to descend, so be careful here to not push up too much.  Sometimes the horn angle will want to change slightly as they descend also, maybe moving off to one side or tilting slightly down (maybe even up slightly, although this seems to be less common).  One way to check the embouchure motion and horn angle is to find out what works to ascend an octave from a middle range note and try making it work the same, just in the opposite direction to descend an octave from that middle range note.  This can be really tricky and if you guess wrong you might make things worse, so it’s best to do this under the guidance of a teacher who knows what to look and listen for.

Getting the low register opened up like this takes time, but ultimately I feel it’s better to do it this way than to try to do the reverse.  Changing the embouchure so that the low register works and building up from there simply won’t work for Low Placement type players.  It can even mess a player up quite a bit, as I’ve shown here.  Although upstream players often have more trouble with the low register than many other players, they can develop their low range well enough to even play bass trombone, such as Russell McKinney and Blaire Bollinger (one of my teachers, Doug Elliott, has taken photographs of Bollinger and you can go here to see one).

Lastly, I tell my students dealing with issues like this that in rehearsals and performances they should do whatever they need to in order to get down into the low register.  If that means they move their mouthpiece placement or resort to an excessive jaw drop, that’s OK.  They should just be aware that doing this has limitations that can cause problems and while practicing they should work on trying to play their whole range with the same embouchure that works best for their upper register.  When they start getting the hang of this they will naturally start performing like this because it will work better, without needing to move their attention away from the musical expression.

下唇の割合が多く息が上向きの奏者の、低音域の練習法 | バジル・クリッツァーのブログ

[…] – – – アメリカのトロンボーン奏者で、金管奏者のアンブシュアを詳細に研究している David Wilken 氏のウェブサイトより、記事『下唇の割合が多い低位置タイプの、低音域の練習法』(Embouchure Questions – Lower Register For Low Placement Type)を翻訳しました。 – – – – – – 下唇優位の奏者が低音域に取り組む方法 – – – – – – 以前、このような質問を頂いた。 『ホルンの生徒に、マウスピースの中の下唇の割合が多い生徒がいるのだが、彼は低音域に移行するときにマウスピースの位置を変えてマウスピースの中の上唇の割合が多くなるようにしている。 彼は彼にとっての「通常」のアンブシュアのまま全音域を演奏するようにしたほうが有益だろうか?』 また別のひとから 『わたしはトランペットを演奏するときはそうやって(下唇の割合が多いセッティングで)演奏するのだけれども、メロフォンを演奏するときはそのセッティングを変えなければならない。そうしないと低音がなかなか出せないからだ。わたしの先生は、トランペットを吹くときのわたしのアンブシュアは悪くて、アンブシュアを変えなければならない、と言うんだけれども、そう思うか?』 というような質問も頂いた。 まず第一に、直接そのひとが演奏しているところを見ないことには、その奏者のアンブシュアが正しいかどうか言うことができない。 とは言いつつも、わたしが見てきたケースでは、最初から自然に下唇の割合が高くて息が上方向に出るアンブシュアで演奏していたひとは一例の例外もなく全てのひとが、そのアンブシュアがそのひとにとっては最適であった。 こういった、下唇の割合がマウスピースの中で高くて息が上方向に出る奏者の身体的特徴の組み合わせの何かが、マウスピースの位置を上に移動させて息が下向きに流れるようなやり方に変えて演奏することも一応可能にさせるようである。 しかしながら逆に、もとから息が下向きに流れるアンブシュアタイプ2種類のうちのいずれかに該当する奏者は、息が上向きに流れるアンブシュアで演奏を機能させることが全くできないようだ。 低位置タイプのトロンボーン奏者が High Bbを演奏する写真 低位置タイプのトロンボーン奏者が Low Bbを演奏する写真 【下唇優位な奏者の傾向】 もともと、マウスピースの中の下唇の割合が高くて息が上向きに出るアンブシュアの持ち主は最大でも15%しかおらず、もしかしたらもっと少ないかもしれないということの性質上、上唇のほうが優位で息が下向きに流れる奏法を持つ指導者たちは、下唇優位の低位置タイプのアンブシュアは間違っておりマウスピースの位置を上げてアンブシュアを「矯正」する必要があると誤って思い込んでしまいがちである。 金管奏者のアンブシュアは個々に独自である一方、低位置タイプのアンブシュアを持つ奏者にはいくつかの傾向がある。 傾向1: 正しく取り組めば、低位置タイプ(下唇優位)の奏者やちは高域がかなり強靭になる。 傾向2: その一方、低音域の音量と柔軟性に困難を経験する。 傾向3: その妥協の産物として、マウスピースの位置を上げて上唇優位のアンブシュアに変えてしまうか、そこまでいかなくてもマウスピースの位置を真ん中に近づける 【低位置タイプの特徴と強み】 わたしが好んで使う比喩なのだが、この低位置タイプのアンブシュアに属する奏者というのは、「荒馬のような車」のような面があるのだ。 荒馬のような車というのは、信号待ちしている間は積んでいるエンジンは動きがすごく荒々しく、車体がガタガタ揺れるのだが、一旦高速道路に乗ればどんどんスピードを上げ、非常にスムーズにスイスイ走行していくような車だ。 それと似て、低位置タイプの奏者によっては、高音域は素晴らしく機能するが、アンブシュアの協調性を低音域にも敷衍させていく取り組みにとても苦労するのだ。 そういった奏者は低音域を強化しようとしてマウスピースの位置を変えてしまってはいけない。高音域で発揮している素晴らしい唇の圧縮能力を失ってしまうからだ。 低音域が演奏しやすい新しい位置に慣れさえすれば筋肉も適応して高音域の強さが戻って来るだろう、と思っている方もいるかもしれないが、実際にはそうならない。 こういった奏者に望ましいのは、高音域がうまくいっているその同じアンブシュアをどう低音域に持ち込んでいくかを学ぶことだ。 【ウォームアップ】 まず第一に、こういった奏者は他の多くの奏者に比べて高い音から吹き始めた方がウォームアップが全体的にうまくいくことを経験する可能性がある。 低位置タイプの奏者のひとりとして、個人的にわたしはチューニングBbの上のFか、時にはさらにその上のハイBbをその日一番最初に鳴らす音として始める。(わたしはトロンボーン奏者である) トランペット奏者も同じく実音のFかハイBb。チューバ奏者はF、ホルン奏者ならFかE(いずれもチューニングBbより上)、場合によってはハイCが良いこともあるだろう。 楽器の経験が浅い奏者なら、これより少し低いところから始めるとよいかもしれないが、それでも低音域から吹き始めるのは避けるとよいだろう。 【低音域の取り組み方】 中音域の高音寄りや高音域がアンブシュア的に「基準」と感じられる感覚をいったん作れたら、そこから段階的に低音域に取り組んでよいだろう。 高めの音から発音して、息継ぎせずに一息で低音域に降りてくるように練習する。息継ぎするときにマウスピースを置きなおしたり位置を変えたりしてしまうのを避けるためだ。 もしそのとき取り組んでいるエクササイズの音型が息継ぎを必要とするなら、マウスピースを唇に対して同じ位置に置いたまま、鼻から息をするようにしよう。 はじめは、低音域に下がってくるにつれて音が静かに細くなっていくままにしておくべきだ。 アンブシュアの形を崩すのは避け、顎はまったく落とさないようにしておくよう努力しよう。 長い目で見ると、こういうやり方で練習することが、低音に下がってくるために唇で必要な作業が何なのかを見つけ出すことにつながる。(もちろん、唇だけでなく舌のアーチや呼吸についてもわかってくる。)そうすると、音はその後でオープンになって良くなってくる。 【アンブシュア動作とベルの角度】 唇を圧縮させたまま音を下がってくることを学んで身につけるうえでひとつ、とても役立つかもしれないことがある。 それは、その奏者自身にとってのアンブシュア動作がどうなっているかを理解することだ。 アンブシュア動作の量と、動きの軸の傾きの度合いは個々人によって異なるが、低位置タイプのアンブシュアを持つ奏者は共通して、音を下がってくるときにマウスピースと唇を一緒に鼻の方へ押し上げる動きを用いる。 この動きをやりすぎる傾向があるので、低音域に下がってくるときにこの押し上げの動作をやりすぎないよう注意しよう。 場合によっては、低音域に下がってくるにつれてマウスパイプやベルの角度を若干変えることになるかもしれない。それは人によっては左右どちらかに向くかもしれないし、少し下向きかもしれない(若干上向きということもあるかもしれないが、どうもそれはより稀なようだ)。 こういったアンブシュア動作とマウスパイプ/ベルの角度を確認する方法としてひとつあるのが、次のようなものである。 ①中音域のある音を選ぶ ②その音から発音して、1オクターブスラーで上がる ③そのときの角度の変化を把握する。 ④同じスタート音から、こんどは1オクターブスラーで下がる。 ⑤そのときの角度の変え方を、1オクターブ上がったときの逆回しとなるべく同一になるよう努力する これには落とし穴も在りえて、角度の把握に誤りがあると、むしろ悪影響をもたらしかねないので、願わくばこういったことをよく理解している指導者の監督のもと取り組む方が良いだろう。 【あくまで高音域を基本に】 ここまで述べてきたような取り組み方で低音域の音を充実させていくには、時間を必要とする。しかし、結局はこれが他のやり方より良いとわたしは感じている。 低音域がうまくいくようなアンブシュアに変えて、そこから徐々に高音域を開拓し鍛えていくようなアプローチは、低位置タイプの奏者にはうまくいかないのだ。 それどころか、奏者を混乱させ、害を与えてしまいうる。 マウスピースの中の下唇の割合が高くて息が上向きに流れる奏者は多くの場合他の奏者より低音域に困難を経験するのではあるが、それでもバストロンボーン奏者として活躍できるくらい低音域を発達させることもできるのだ。Russell McKinneyやBlaire Bollingerなどがその例である。わたしの先生であるダグラス・エリオットが後者の写真を持っているので、それはこちらからご覧いただくことができる。 最後になるが、 わたしはわたしの生徒たちには、こういったことに取り組むのは練習室やリハーサルの中だけであって、実際の本番ではひとまずそのときどんな手を使ってでも一応低音域の音が出るようにしたって構わない、と伝えている。 たとえそれがマウスピースの位置をずらすことであっても、顎を落としすぎることであったとしても、本番はそれでOKだ。 必要なのは、こういった手を用いることには限界や制限があり、問題を引き起こす可能性があるということ、そして練習のときは音域全体において高音域がいちばんうまくいきやすいアンブシュアと同じアンブシュアで演奏するよう努力するとよいということを理解しておくことだ。 いったんこの方向性で手応えを得始めたら、本番中もそうやって演奏するようになっていくだろう。それが自分自身にとって結局はいちばんうまくいからだ。音楽表現から気をそらさなくても、一貫したアンブシュアで演奏することがやがてできるようになっていくだろう。 了 David Wilken氏の翻訳記事一覧はこちら […]

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.