Brass Embouchures and Air Stream Direction

In 1962 Philip Farkas, a noted teacher and former hornist with the Chicago Symphony Orchestra, published a book called The Art of Brass Playing. Subtitled, A Treatise on the Formation and Use of the Brass Player’s Embouchure, this text contained Farkas’s hypothesis on the proper embouchure for a brass instrument. According to Farkas, the proper embouchure would have the lips and jaw lined up in such a way that the air stream would be blown straight down the shank of the mouthpiece, illustrated as below.

Farkas Art of Brass Playing
from Phillip Farkas’s “The Art of Brass Playing”

It wasn’t until later that Farkas tested out this hypothesis and discovered that this wasn’t the case.  In 1970 he published a shorter text, titled A Photographic Study of 40 Virtuoso Horn Player’s Embouchures. The photographs Farkas took told a different story from earlier. 39 of the horn players buzzed in such a way that the air stream was directed at a downward angle, and 1 subject blew the air stream upward.

Downstream Embouchure
Farkas Upstream Embouchure
Upstream Embouchure

Farkas appears to have been unfamiliar with texts on brass playing written by Donald Reinhardt. As early as 1942 Reinhardt had noticed these embouchure characteristics. He also determined that it was the ratio of upper to lower lip inside the mouthpiece that made the embouchure upstream or downstream. When the mouthpiece is placed with more upper than lower lip inside the cup the air stream gets blown down. When the mouthpiece is placed with more lower lip the air stream gets blown up. Reinhardt felt that the individual player’s anatomy would be the most important determining factor in which embouchure would work best for a particular player.

Reinhardt Types I and II
Reinhardt Types I and II
Reinhardt Types III and IV
Reinhardt Types III and IV

Sometime in the 1980s Lloyd Leno was doing some research into how the lips vibrated inside the mouthpiece and was surprised to discover that different players would blow the air upstream or downstream. He filmed several well known trombonists using high speed photography. Michael Leno, Dr. Leno’s son, gave me permission to post his film on YouTube, where you can also hear some of Leno’s comments as he screened his film. It’s in three parts.

While researching for my dissertation I looked at a number of trombonists’ embouchures and confirmed those findings. All brass players appear to play with either an upstream or downstream embouchure, and one type is almost always better than the other, depending on the player’s anatomy. Since mouthpiece placement is what determines the player’s air stream direction, and what works best is determined by the player’s physical characteristics, using another player’s mouthpiece placement as a model to follow is usually going to be wrong. It can even cause severe problems down the road, if the player continues to play on an embouchure type not suited for his or her face.

Here’s a short video I created to help demonstrate air stream direction on different brass players.

All these videos and resources are all just scratching the surface of a complex topic like the embouchure. If you have any questions or criticisms feel free to leave them in the comments section. Check back later for another post about brass embouchures.

Luis Cotto

I finally (after 35 years of trompet playing) understood what is going on my embouchure when I play. Through your research (which is an excellent job) I was able to make some positive adjustments to my embouchure. Thank you very much for you efforts and for sharing your findings in the internet.

Dave

Hi, Luis.

Here is a link to a case study of a tubist who switches between an upstream embouchure and a downstream one. This situation almost always causes problems.

http://www.wilktone.com/?p=234

While collecting data for my dissertation I did come across a trombonist who was able to play fairly well on both an upstream embouchure and a downstream one, but the downstream one was much better for him. One embouchure type will work best, depending on the player’s anatomy, and I advise brass players to use one embouchure for their entire range, rather than switch between types.

Dave

Jeff Williams

Hello Dave. A most enjoyable and informative site. You have put in an enormous amount of work in presenting lots of facinating information!

I have been typed as having 3b chops (I am a trombonist) and have benefitted from several Skype lessons with Richard Willey. One subject I have been unable to get a clear answer on is this: As a 3b, what should I be good at (eg, good sound) and what will need extra effort because of my downstream type? The reason I ask this is because it would be helpful not to beat myself up over certain areas of my playing if, in fact, it is an area that needs extra study because of my physical make up!!

Best Wishes

Jeff

Dave

Hi, Jeff.

Thanks for stopping by! I hope you’ve found some materials helpful.

Everyone is different, so it’s hard to say without watching you play what you should be working on. That said, most IIIBs (or, as I prefer to call them, Medium High Placement embouchure types) tend to have an easy time getting big, dark sound and often have an easier time developing lip flexibility. Medium High Placement players sometimes don’t play with their embouchure formation firmed up enough, particularly in the lower register, and struggle with their upper register because of it.

There’s a little more I can comment on, but don’t have the time just now. It probably deserves a post of its own anyway.

Dave

Chris

Hi Dave,

I’m a trumpet player of 8 years now, currently pursuing my Bachelor’s in Music Ed. These past couple months I’ve gone through a lot of playing, and my professor is now pointing out to me that I curl out my bottom lip too much when I play, and so the buzz is forming in the red of my bottom lip. Over the past weeks I’ve been trying to curve my lip in, but to seemingly no avail. Any tips?

CK Goh

Hi Dave
By now, I’ve read your articles and watched your clips several times, and they have been most helpful an illuminating. Thanks so much for all your effort in analysing and explaining a complex and contentious subject.

As I understand it, according to your explanations, both downstream and upstream players aim the airtstrem towards the center of the mouthpiece (i.e. the shank( for the low notes, and then change the angle up or down towards the rim of the mouthpiece as they ascend in pitch. Being a downstream player, when I consciously controlled the airstream direction as described, it did seem to work.

Recently, I came across a unique clip of an X ray of a trumpeter playing. Probably you may have seen it also, but it can be found here : http://www.thetrumpetblog.com/what-is-really-happening-in-your-body-when-you-play-trumpet/

I’ve also watched this clip many times. It seems to be quite clear that this player is doing the opposite with his airstream direction. He is clearly playing the lower notes with the airstream aimed downwards towards the rim of the mouthpiece, and then moves towards the shank/center as he ascends the register. Oddly, I also tried this way of playing and it also works quite nicely. So I’m kind of confused as to which way to go in my own embochure.

Could you kindly review the X ray clip in question and clarify what is happening there. The player would seem to be a downstream players, like most of us are, but his airstream direction seems to be opposite of what has been stated in yours and the Reinhart studies. Many thanks!

Dave

Hi, CK.

I’ve seen and blogged about another video from the same study here.

It seems to be quite clear that this player is doing the opposite with his airstream direction. He is clearly playing the lower notes with the airstream aimed downwards towards the rim of the mouthpiece, and then moves towards the shank/center as he ascends the register.

I’m not completely certain what it is you’re seeing that makes you think this, but I suspect that you’re seeing this player’s embouchure motion of pulling down to ascend/up to descend and confusing that with the direction of the air stream. It’s really not possible to see what’s going on with this player’s air stream with this x-ray video, it’s much clearer to see the position of the lips inside the mouthpiece with normal video and a transparent mouthpiece. I’m guessing that this trumpet player is the “medium high placement” embouchure type based on what I can gather with the x-ray, but it’s possible that he could be the “low placement” type. Both use the same embouchure motion, but one is downstream and one is upstream. Hard to to say without being able to see the soft tissue of the lips that don’t get seen in this x-ray.

Thanks for sending this link along, I haven’t seen this particular one before.

Dave

Dave

Hi, Richie.

That’s a little tough if you don’t have some experience seeing what the different embouchure types look like when they work and when they don’t work. For example, a player who should be playing upstream but is playing downstream will not be able to direct the air stream further downstream to ascend if you watch in a transparent mouthpiece. Over time, an observant teacher can learn to spot the signs without using a transparent mouthpiece. Often a little guided trial and error is necessary.

Can you take video of your playing? If so, check out what I like to see on video and maybe I can spot something helpful.

Dave

ドナルド・S・ラインハルトの教育法〜8つのアンブシュアタイプ〜 | バジル・クリッツァーのブログ

[…]   ということです。     ウィルケン氏に許可を得て、手の空いているときに少しづつ日本語に翻訳して記事を紹介していきます。   記事は大量にあります。英語が読める方はぜひどんどん読み進めてください。     – – – – – – まず最初に翻訳するのは、アメリカ人トロンボーン奏者のドナルド・S・ラインハルトの奏法論と教育法に関する記事です。   原文こちら: An Introduction to the Pedagogy of Donald S. Reinhardt http://www.wilktone.com/?p=5148 – – – – – –     ドナルド・S・ラインハルトの教育法     以下の記事は、2003年にオンライン・トロンボーン・ジャーナルに「ドナルド・S・ラインハルトのピボットシステム」という題で掲載されたものを書き直したものである。   オンライン・トロンボーン・ジャーナルがもう更新されておらず、コードが古くなって記事へのアクセスができないため、良い機会だと捉えて、ラインハルトの教えに興味がある方々に、細かいディテールで圧倒させてしまわずに、みなさんの演奏や指導に活かせるようにしようと思う。       ドナルド・S・ラインハルト氏(1908~1989)は、アメリカのトロンボーン奏者であり音楽指導者であった。       若いとき、彼は非常にたくさん練習し、何人もの経験豊かな指導者に師事したにも関わらず自分が技術的になかなか進歩しないことにフラストレーションを溜めていた。   そんなある日、事故により彼のトロンボーンのチューニングスライドが損傷してしまった。修理から戻ってきた楽器は、修理担当者の不注意により重心が左にずれてしまっていた。   ラインハルトがその楽器で演奏しようとしたところ、重さのバランスの変化によりいつもよりずいぶんベルが下がる角度で演奏することになったのだが、なんとそれが彼にとってはよい結果をもたらした。   楽器の角度の変化による見た目上新しいアンブシュアが、彼の知っていた身の回りの金管楽器奏者たちのアンブシュアと著しく異なっていたため、ラインハルトは他の奏者たちの奏法に興味を持って研究するようになった。   それから時間をかけて、彼は何千人もの奏者のアンブシュア、タンギング、呼吸やその他の金管奏法におけるメカニカルな側面を分析し、分類していった。     1939年、ラインハルトが当時所属していた劇場オーケストラが解散になったため、彼はしばらく休職して妻と米国全土を旅した。この旅の途中、彼はカンザス州で若いトロンボーンの学生と会い、短時間レッスンをしてあげた。   この生徒を手助けしたことが、金管奏者が楽器演奏の技術的習熟をより良く行えるように教えるというラインハルトの興味につながった。   その後数年間、彼は無料で金管楽器のレッスンを行い、自らのアイデアを検証した。そして1954年になってから、フィラデルフィアにレッスン・スタジオを開設することとなった。     ラインハルトは自らの金管教育アプローチを「ピボット・システム」と名付けたのだが、のちに彼はそのことを後悔した。ピボット(旋回運動)という言葉が、彼が奏者たちに楽器を演奏中あちこちに動かし回させるよう教えている、という印象を金管奏者たちにもたらし、「システム」という言葉はあらゆる金管奏者が従うべき普遍的アプローチがあると示唆してしまうからだ。   実際には、彼の教育法の目標とするところは、ひとりひとりの生徒が、その生徒自身の解剖学的、生物学的構造に沿って前進できるような身体的そして精神的手順を見つけることにあった。   彼はこう書いていている。     「ピボット・システム」は科学的、実用的であり、音域・音量・耐久力・柔軟性に最大限のものを生み出すことが証明されたメソッドだ。トランペット、トロンボーンその他カップ状のマウスピースを用いる金管楽器に使える。40年に亘る調査と実験が実際の演奏、指導、著述、講演を何千人ものプロ奏者、セミプロ奏者、指導者、教育者、学生などに対して行うなかで生まれたものである。また、個人仕様のマウスピースを設計・製作し、代表的な金管楽器メーカーの顧問として楽器の設計に携わってきた経験も関わっている。   このシステムは試行され検証された原則に基づき、まず第一に奏者の備える身体的条件を分析・診断し、つぎに唇・歯・歯茎・顎そして全般的にその奏者が元々から備えた身体的要素を最大限の効率で以って活用できるような具体的・個別的な原則と手順を与えるものである。   (Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, 1973 page XI)   これで分かるように、ラインハルト氏の教え方は生徒個々に最適化されたものであった。そのため、彼の教育法の概要を提示するのは非常に難しい。   彼自身は、呼吸・タンギング・アンブシュアという3要素に分割して演奏の仕組みについての対話を行った。生徒個々の必要としていることに応じて、それらの要素のうちのどれかを他の要素より強調し、その生徒の改善を助けるようなルーティーンを個々の生徒に特化して発達させた。         【呼吸】   ラインハルトの呼吸に関しての教えは、他の多くの金管指導者たちがそれまで長く主張してきたことを反映している。彼は良い呼吸の基礎は良い姿勢に始まり、それは座奏においても立奏においても共通すると感じていた。しかし、「呼吸のための時間を取る」「口角から吸う」というふたつのアプローチは他の指導者いくらか異なっていた。   ラインハルトは、いつも目一杯吸うのではなく、そのフレーズを快適に演奏できる量だけ吸って、それ以上は吸うべきでないと信じていた。吸いすぎは特に高音域の演奏時でめまいや力みなどの問題を引き起こすと感じていた。一方で吸いの不足は音が薄くなりタンギングとアンブシュアの協調がうまくいかないと考えた。生徒には、次のフレーズに間に合わせようとなるべく急いで速く吸うのではなく、可能なときはゆっくりと呼吸するよう練習することを求めた。   口角から息を吸う、という彼のアドバイスはもっと珍しいものだった。ラインハルトは、多くの金管奏者の問題が、息継ぎをするときに唇をマウスピースから引き離し遠ざけるようなことをしているが故に起きていると感じていた。この傾向に対抗するため、彼は生徒たちに、マウスピースの位置を保ち、口角から息を吸うよう指示した。彼は口の真ん中部分を「排出弁」、口角を「摂取弁」というイメージになぞらえた。息を吸い終わったら口角を閉じて口をすぐに前方の演奏ポジションへと持って行き、ためわらずに吹き始めるように、と教えた。   (訳者よりひとこと:著名なホルン奏者のラデク・バボラク氏はまさにこのように演奏している)         【タンギング】   ラインハルトのタンギングに関する指示は生徒の口腔容積、舌の長さ、下唇の下顎の歯の関係そしてその他の解剖学的・状況的な条件に応じて非常に細かく、また非常に多様(生徒により大きく異なる)なものであった。しかしながら、彼は金管楽器のタンギングの仕組みを次のように分解して説明した。     ピボット・システムにおいて、舌は主に三つの役割を担っている。   1:舌のアーチの高さは音域のコントロールする要素のひとつである。 2:舌を後ろに引く距離は空気の量とスピードを決める要素のひとつである。 3:舌を(訳注:歯や唇に対して)つける高さは円錐状の空気柱の大きさを方向付け、管理する。空気柱が、望む音程が演奏できるように唇が振動するよう圧縮されたアンブシュアの裏側に当たることができるようにしているのだ。   (– Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, page 82.)     彼はほとんどすべての生徒たちに対して、舌が唇に当てて発音することをやめさせるようにしていた。彼はこう書いている。   「奏者が舌を歯と唇の間に進入させるとき、実際には奏者は歯と唇を能動的に開けている。舌先が間に入るようにするためだ。これをすると、唇が振動するようにするために唇が近づきあい閉じ合うようにすることを反射作用が行うタイミングに、奏者は潜在意識的に頼ることとなる。一部の奏者たちは何年もこのやり方でやっていけるのだが、年齢が進んで反射作用が遅くなるにつれて演奏上の真の困難が始まるようになる」   (Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, 1973, pp. 100-101.)     ラインハルトのタンギングタイプに関する情報をもっと読みたい方は こちらをご覧頂きたい(訳注:英語)         【アンブシュア】   ラインハルトの教えが金管教育に最も貢献するのはおそらくアンブシュアに関することである。アンブシュアの異なるタイプについて言及し指導において重要な部分としたのは、金管演奏にかんする著述者たちのなかでおそらく彼が初めてである。彼のアンブシュアに関する意見については、今日においてもまだ議論の余地があるが、彼が記したアンブシュアタイプはのちの指導者や研究者たちによって別個に発見されており、それを理解して指導に活用する意志がある金管指導者たちにとっては強力なツールであることは間違いない。   ラインハルトのアンブシュアタイプを理解するには、まずすべての金管奏者のアンブシュアが備えている2つの基本的な特徴を誓いすることが必要である。奏者自身がそれを自覚しているかどうかは別だが、その二つとは ①息の流れの方向②アンブシュアの動き である。ラインハルトはアンブシュアの動きのことを初めは「ピボット」と呼んでいた。       〜息の流れる方向〜   1:下方流方向の奏者   下方流方向のアンブシュア   多くの金管奏者は息の流れの方向を楽器のベルの向き・角度、によるものだと考えているが、透明なマウスピースを用いた検証によって、息の流れの方向を主に決定づけるのはマウスピースの中の上唇と下唇の割合であることが明らかになっている。   金管奏者が上唇が下唇よりたくさんマウスピースのカップの中に入るようなセッティングを行うと、上唇が息の流れに対して優勢になり、息の流れは下向きの角度で振動する唇を通過する。   このような下方流方向の奏者が高音域を演奏するとき、息の流れの方向はさらに下向きにされる。一方で、下方流方向の奏者が低音域で演奏するとき息の流れの方向はマウスピースのシャンクにまっすぐ息を吹き込むような角度に近づく。     2:上方流方向の奏者   上方流方向のアンブシュア   上方流方向の奏者はちょうど真逆だ。この奏者たちはマウスピースのカップのなかで下唇の割合が優るようなセッティングを行い、息の流れは上方向へ向かって唇の間を通過するように吹かれる。   これらの奏者たちが高音域を演奏するとき、息の流れはさらに上方向に唇を通過し、低音域ではより真っ直ぐ角度に近づいて吹かれるように見える。   金管演奏のアンブシュアと息の流れの方向についてより詳しくはそれについての記事があるので こちらをご覧ください頂きたい。(英語)       〜ピボット〜   金管奏者のアンブシュアを分類するのにラインハルトが用いたもう一つのアンブシュア特徴は、彼が「ピボット」と名付けた現象である。ラインハルトは年月のなかでこの言葉の定義を修正していっており、のちに彼の教育法の名称となってしまったことを公開した。   指導を始めた初期の頃、彼はピボットを次のように定義した。     ピボットは、上唇・下唇の使用切り替えのなかで行われる圧力の移し替えのことである…. 音のいちばん開放的なツボを捉えるために楽器がわずかに傾けられる。   (-Reinhardt, Pivot System Manual for Trombone, 1942, p. 23.)     この定義はピボットにおいて楽器を傾ける動作が重要な事柄であることを示唆することになり、それがラインハルトが音域を変えるために楽器をあちこち上下に動かすことを主張しているのではないかという金管奏者からの誤った推測を誘発してしまった。   もっと後になってから、彼はよりピボット現象のより正確な定義を述べるようになった。     ピボットは歯の上(表面)でマウスピースのリムが接触した唇を押し上げたり引き下げたりすることによってコントロールされている。アンブシュアの表層….とマウスピースは垂直に動き(ひとによっては若干右か左に傾いた軸上になるが)、これは目には見えないがアンブシュアの内側の垂直的軌道と一体である…しかしながら、アンブシュアの表面でのマウスピースの位置は変えられたはならない。   (– Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, 1973, p. 194.)     ピボット動作1類 奏者によっては音域を上がるにつれてマウスピースと唇を一体的に鼻の方へと挙上していく一方で、   ピボット動作2類 他の奏者は音域を上がるためにマウスピースと唇を顎先の方へと引き下げる。     また、多くの奏者は完全に垂直な上下ではなく、角度のついた軌道上を動いた演奏がうまくいく。楽器のベルの角度はそうすることで正しく変えられる(訳注:演奏中動くということ)が、角度の変化量は奏者個人ごとに異なるかもしれない。   ラインハルトがピボットと呼んだアンブシュアの動きについてより詳しくは こちらをご覧いただきたい(英語)       【アンブシュアタイプ】   このようにして奏者ごとの息の流れの方向、ピボットの方向、そして何もしないときの顎の位置・演奏中の顎の位置を指標にしてラインハルトは四つの主なアンブシュアタイプと5種類の副次的タイプに分類した。   しかし、これらのタイプのいくつかは演奏中、同じように機能するため、ラインハルトに師事した奏者たちは自らが教えるときは金管奏者のアンブシュアを3つもしくは4つにのみ分類する。   ラインハルトのアンブシュアタイプについて知る前に、彼自身はアンブシュアタイプは生徒の備える解剖学的特徴によって決まっており、教師や生徒が任意で選んだり変えたりできるものではないと感じていたことを分かっておくのが大切だ。   ラインハルトは長期的な上達と演奏がうまくいくためには生徒の解剖学的構造にマッチしたアンブシュアタイプを選択してやっていくことが最善であり、タイプをあれこれ使い分けたり生徒の構造に合わないタイプをやらせるよりよいと感じていた。   アンブシュアタイプはそれぞれごとの一般的な特徴があり、それはそのタイプごとに対応したルーティーンやエクササイズが有用である可能性があり、それはタイプ間で互いに非常に異なる場合がある。何年も注意深く実験していくなかで、ラインハルトは異なるアンブシュアタイプの奏者たちがそれぞれに最善の上達ができるようなタイプごとの練習ルーティーンとエクササイズを整備していった。     アンブシュアタイプ:1&1A     タイプ1の歯の構造   タイプ1とタイプ1Aは他のアンブシュアタイプに比べて稀である。このタイプの奏者の上下の歯は、顎をなにもしていない状態で揃う。奇妙なことに、この歯と顎の構造の場合、マウスピースは必ずかなり高い位置(これは「タイプ1:下方流方向」)か、非常に低い位置(これは「タイプ1A:上方流方向」)のどちらかにでないと効率的に機能しないようだ。   タイプ1のアンブシュアは、演奏中はタイプ3Aかタイプ3Bと同じであり、タイプ1Aのアンブシュアはタイプ4と同じである。そのため、タイプ1と1Aに関してはここでは詳細に解説する必要がない。   (Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, 1973, p. 205).     アンブシュアタイプ:2&2A   タイプ2と2Aは、上下の歯の自然な位置(なにもしていないときの位置)によって区別される点において先のタイプ1,1Aに似ている。   このタイプは珍しく、このタイプの奏者は顎を何もしていない状態で上の歯より前に下の歯が出ている。この歯と顎の位置により、この特徴を備えた個人はほとんどいつも上方流方向に息が流れるアンブシュアで演奏することになり、それでマウスピースカップ内での下唇の割合を多くすることを必要になる。   顎を何もしていない状態での歯の位置関係を除き、このタイプ2はタイプ4と実質上同じである。   タイプ2Aはタイプ4Aと演奏中のアンブシュアが非常に似ている。この類似性により、ここでは詳細の説明を必要としない。 (Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, 1973, pp. 206-207).     アンブシュアタイプ:3   タイプ3、3A、3Bはここまで解説した1,1A,2,2Aに比べるとずいぶんと一般的なタイプだ。   このタイプの奏者の下の歯は、顎を何もしていない状態では自然と上の歯より後ろにある。このタイプの奏者は上下の歯が揃う位置よりさらに前に顎を出すことは稀であり、3,3A,3Bはいずれもマウスピースカップ内で上唇の割合が優るようなマウスピースの置き方になる。   ただし、ラインハルト式のアンブシュアタイプ3は、「ジャムサンド」と形容されることがあり、上唇の割合が優るといえでもそれは少しだけである。   しかしながら上唇の割合が上回っているため、息の流れはマウスピースのカップ内では下向きに方向づけられている。   タイプ3は顎が上の歯より後ろにあるため、楽器のベルの向きは下向きに傾いていることが多く、かなり極端に下向きに見えることもしばしばだ。   顎が後ろにあることに加え、このアンブシュアタイプ3を他と区別する特徴は、奏者の下唇の膜組織部分が下の歯に少し被さる、または巻き込まれているところだ。このタイプの奏者は、音域を上がるにつれこの下唇の巻き込みが顕著になる。   タイプ3のアンブシュアの動きは、普通は音域を上がるにつれて顎先に引っ張られ、音域を下がるにつれて押し上げられる。   より稀なケースではタイプ3の奏者も逆の動きを行う場合がある。音域を上行するに唇とマウスピースを鼻方向に挙上し、下行するにつれ顎先へ引っ張り下げるのだ。   多くの場合、タイプ3は極端な高音域に困難を経験し、FからハイBbの間のどこかからタイプを変えて演奏している。(訳注:トロンボーンだけなのか、他の金管楽器も当てはまるかは不明)これはトランペット奏者において特に頻繁に見られ、それはマウスピースの小ささとより速い唇の振動の必要性によるものだ。   このような場合に、ラインハルトをタイプ3Aもしく3Bと再分類した。3Aか3Bかは極端な高音域にどんなアンブシュアタイプになっているかで判断した。   真正のタイプ3奏者は、タイプ3Aか3Bのように演奏するために必要なほど顎を前に出すことができない構造のひとたちだ。 (Sheetz, PivoTalk Newsletter, Vol. 2, #3, p. 3).   タイプ3,3A,3Bいずれにも共通する演奏上の困難は、顎が後ろにあるがゆえにベルを下向きにせざるを得ないことにある。この問題を抱えている奏者たちは、(訳注:ベルを上げようとして?)頭を後ろに持って行きすぎて首に不要な負担をかけ喉を制限してしまわないように注意が必要で有る。 (Sheetz, Quirks of the Types).     アンブシュアタイプ:3A   タイプ3Aのアンブシュア     タイプ3Aのアンブシュアはマウスピースをかなり高めに置く傾向があり、トロンボーン奏者の場合は鼻の真下にくることが多い。これらの奏者の典型として、真正タイプ3よりは顎を前に出すことが多いが、下の歯を上の歯の前まで押し出すことは一切ない。なお、顎が前に進出した位置で演奏するときは、楽器の角度はほぼ水平か場合によってはそれより上向きになることすらある。   この奏者たちは上唇がマウスピースのカップ内での割合が下唇に優るため、下方流方向奏者と分類される。   タイプ3A奏者のピボット動作1類(音域を上がるためにアンブシュアとマウスピースを鼻方向へ一体的に押し上げ、音域を下がるときは顎先へ引っ張り下げる)を用いることになる。   タイプ3系の奏者がピボット動作2類(音域を上がるためにアンブシュアとマウスピースを一体的に顎先へ引っ張り下げ、音域を下がるときは鼻方向に押し上げる)の方がうまくいく場合、ラインハルトはその奏者たちをタイプ3Bと分類した。 (Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, 1973, pp. 208-209).     ラインハルト式のアンブシュアタイプ3Aに属する奏者は多くの場合、息を吸うときに楽器の角度を上げる傾向がある。その後マウスピースのリムを唇に戻して当てるとき、マウスピースのリムを唇にぶつけがちで、これが腫れを引き起こし持久力を損ねてしまう。トロンボーンなど大きいマウスピースを用いる楽器奏者のタイプ3A奏者は音を上行するときのピボット動作(1類)行うときに鼻が邪魔になることがあり、その場合はピボット動作だけに頼るのでなく唇の厚み(パッカー)を増す練習が必要とされる。     アンブシュアタイプ:3B     タイプ3Bのアンブシュア   アンブシュアタイプ3Bはおそらくもっとも数が多いタイプであり、特にオーケストラ金管楽器奏者においてはそうだ。そのため、ひとつのタイプのアンブシュアしか勧めないような金管楽器指導書や理論書で最も頻繁に記述されているのもこのタイプだ。   このタイプの奏者たちは、タイプ3Aの奏者たちほど高いマウスピースのセッティング位置は用いないし、真正タイプ3ほど低くもない。上唇はこのタイプでもまだ下唇に対してカップ内での割合が優り、そのため下方流方向の奏者に分類される。   下の歯は上の歯より後退しており、ふつうは楽器の角度が3Aより下がっている。   タイプ3B奏者たちは必ずピボット動作2類(音域を上がるためにアンブシュアとマウスピースを一体的に顎先へ引っ張り下げ、音域を下がるときは鼻方向に押し上げる)を用いている。タイプ3Bのはずでもピボット動作1類(音域を上がるためにアンブシュアとマウスピースを鼻方向へ一体的に押し上げ、音域を下がるときは顎先へ引っ張り下げる)の方がうまくいく場合、その奏者はタイプ3Aと分類されるべきだ。 (Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, 1973, p. 209).   タイプ3Bの奏者たちはフレキシビリティーに富み、暗めの音質で演奏することの方がラクだが、中音域と低音域の音の太さにこだわりすぎてアパチュアが開きすぎた状態で演奏してしまいがちである。これはハイBbの上のD以上の音域の演奏に困難をきたしてしまう。   このタイプはピボット動作2類(音域を上がるためにアンブシュアとマウスピースを一体的に顎先へ引っ張り下げ、音域を下がるときは鼻方向に押し上げる)を用いているため、マウスピースのリムで上唇をえぐってしまっていることが多い。これも腫れを引き起こし、持久力に問題をもたらす。 (Sheetz, Quirks of the Types).     アンブシュアタイプ4&4A   アンブシュアタイプ4,4Aは、顎がなにもしていない状態で下の歯が上の歯より後退しているのだが、マウスピースを低く当てて下唇の割合が上唇よりカップ内で優るため、楽器の角度に関わらず息がマウスピース内で上方向に流されている。   タイプ4のアンブシュア   ラインハルト式のアンブシュアタイプ4は、マウスピースを当てる位置が唇の低めな場所であることに加え、下の歯が上の歯より前にいくほどかなり顎を前に出して演奏する。顎をなにもしない状態では下の歯は後退しているにもかかわらず、だ。   演奏中のアンブシュアとしては、このタイプ4はラインハルト式タイプ2と同じである。   演奏中、顎が前に出ているため、楽器の角度はかなり高く、水平以上になることもある。   タイプ4奏者はほとんどいつもピボット動作2類(音域を上がるためにアンブシュアとマウスピースを一体的に顎先へ引っ張り下げ、音域を下がるときは鼻方向に押し上げる)を用いている。   しかし例外もある。その場合、多くのケースではマウスピースの位置が低すぎているとラインハルトは考え、本当は異なるアンブシュアタイプを用いるべきだと考えた。 (Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, 1973, p. 210).   タイプ4奏者においては、息を吸うときに楽器の角度を変えることが多く、息を吸った後の発音のときにマウスピースのリムを唇にぶつけてしまっていることがある。これはタイプ3Bに似たパターンだ。 (Sheetz, Quirks of the Types).     タイプ4Aのアンブシュア   タイプ4Aのアンブシュアはいくつかの例外点を除いてタイプ4と同じである。   タイプ4と同じくタイプ4Aの奏者たちはマウスピースを低めに当て、カップ内の下唇の割合が上唇より多くなる。そのため、マウスピース内の息の流れは上方向になる。   タイプ4と異なるのは、タイプ4Aの奏者たちが演奏中も顎を下の歯が上より後退している位置のまま演奏していることであり、そのため楽器のベルの角度を下がっている。   タイプ4Aのアンブシュアタイプではふつうはピボット動作2類(音域を上がるためにアンブシュアとマウスピースを一体的に顎先へ引っ張り下げ、音域を下がるときは鼻方向に押し上げる)を用いるが、この法則に乗っ取らないこともある (Reinhardt, Encyclopedia of the Pivot System, 1973, pp. 210-211).   タイプ4Aのアンブシュアはとても楽器を初めて初期の頃は非常デリケートなことがあり、もしかしたらそれが、これほど多くの金管楽器メソッド書がこのアンブシュアタイプを積極的に否定する理由かもしれない。   タイプ4Aのマウスピースを当てる位置が少しズレていると、アンブシュアの機能をまるっきり損ねてしまうことが多い。タイプ3Bに似て、タイプ4Aもマウスピースのリムで上唇をえぐってしまうことがあり、過剰な腫れを引き起こすことがある。 (Sheetz, Quirks of the Types).       【さらに探求を深めるには】   ラインハルトの教育法を学ぶ最良の方法は、彼に師事したひとに習うこと、とくに彼の指導者向けクリニックに参加していたひとに習うことである。   ラインハルトに師事した奏者の大部分は、ラインハルトが提供したその奏者個人のための取り組み方を学んだだけであり、ラインハルトのように他の奏者のためにタイプを分類し効果的なルーティーンを作り上げていく術を深く知っているとは限らない。   こんにちにおいては、ラインハルトに師事しその教えを自分の指導法に組み込んだ第2世代に習った経験者の法が多い。   ラインハルトの教えを受け継ぐに価する者にレッスンを受けるのが最善なのは変わらないが、参考になる最も詳細な書物は ラインハルトの著した「The Encyclopedia of the Pivot System」である。   ラインハルトがこの労作において意図したところは、彼に直接習っていた生徒を手助けすることにあった。生のレッスンでよく質問されるトピックごとに構成されているので、系統立った構成にする努力はあまりなされていないのだ。   文体はとき非常にテクニカルで、ラインハルトの教育法の導入としてベストではないが、ピボットシステムに真剣に取り組む者はやはりこの本を欲するだろう。   「Pivot System for Trumpet/Trombone, A Complete Manual With Studies」はさらにもっと古い本で、前述の「The Encyclopedia of the Pivot System」の存在と比較すると内容が古すぎるきらいがある。しかしながら、ラインハルトが彼の生徒たちの呼吸、タンギング、アーティキュレーション、アンブシュアの発達、音域、音量などを助けるためのエクササイズがたくさん載っている。   「Encyclopedia of the Pivot System」と同じく、ラインハルトが他に書き残したこれらのものは、ラインハルトの教えを経験し生徒それぞれのアンブシュアそしてタンギングのタイプに応じたルーティーンを作りあげることができる教師のガイドのもとに用いられるべきである。     了     ❇訳者の所感❇   […]

ホルンのアンブシュアについて〜David Wilken氏の記事〜 | バジル・クリッツァーのブログ

[…]   David Wilken氏(以下、ウィルケン)のウェブサイトより、記事「Even more on Horn Embouchures 」(原文こちら)の翻訳です。   – – – – – – – – ホルンのアンブシュアについて – – – – – – – –   マウスピースを置く位置が演奏者のアンブシュアの形と機能に対して担う役割については、数多くの著者によって個別に確認され、詳しく記録されてきている。   透明なマウスピースと高画質のカメラが無かった時代は、指導者たちがアンブシュアタイプの存在に気づいていなかったのも仕方がないことかもしれないが、こんにちではこの事について多様な情報源があり、写真や動画による証拠がそれを補強している。   ではなぜ、わたしたち金管楽器指導者たちは、もう時代遅れのアンブシュア理論に頼ってしまいがちなのだろうか?   古典的な情報源も、金管指導とアンブシュアの理論の歴史的な変遷を見るうえでは確かに興深い。ホルンの奏者のフィリップ・ファーカスがよい例だ。   彼が著書「The Art of Brass Playing」で金管のアンブシュアについて誤った仮説を示したことはよく知られている(もしかしたら知られていない?)。この仮説が不正確であることは、彼自身が後にまとめた著書「A Photographic Study of 40 Virtuosi Horn Players」で彼自身により明らかになっているのだ。   誤りのある古いモデルの方を多くの金管指導者いまだに使って教えているのはなぜだろうか?ファーカス自身が誤りを証明しているにもかかわらず(英語)。     「A Photographic Study of 40 Virtuosi Horn Players」において、なぜかファーカスは掲載している写真に関して解説をしなかった。収集された写真を読者にただ提供し、読者自身に解釈を委ねたのだ。 この研究を経て、ファーカスがどのような結論をを付けたかご存知の方はいるだろうか?彼は教え方をどこかの時点で少しでも変えたのだろうか?   Wendell Rider はホルン奏者で指導者でもあり、ぜひ読んで触れてほしい。彼の考えはたくさん公開されているので(英語)   以下は、Rider氏からもらったコメントと、それに対するわたしの返答である。     Rider氏: ホルンの場合、マウスピースを下唇の赤い部分より下に置くかどうかでは、他の金管楽器より大きな差が現れる。より広い音域を演奏するからだ。トロンボーンでは、口全体がマウスピースの中に収まるから、そうではないのだろう。マウスピースの中に全部収まるのだから、マウスピースの位置に関係なくそれイヤでもよいアンブシュアを形成させるし、そうではなくても位置による結果のちがいはほとんど無いであろう。よいアンブシュアとは、うまく振動し、筋肉がコントロールできて、両唇がよい距離感を保てるようなセッティングのことだ。一般化し述べたのはたしかだが、何を言いたいかは分かってもらえる思う。ホルンでは、マウスピース自体がよいセティングの邪魔になることが他の楽器より起きやすいのだ。     ….ある程度まではわたしも同意できる。しかしあらゆる金管楽器奏者を精査すると(詳しくはこちら:英語)、 どの楽器にも同じ基本的なアンブシュアパターンがあることが浮かび上がってくる。   より音が高い楽器の小さいマウスピースは、低音金管楽器の大きいマウスピースに比べると、マウスピースを置く位置が奏者のアンブシュアにもたらす変化は大きい。トランペットやホルンの場合、ほんのちょっとマウスピースの位置をずらすだけで、マウスピースのカップ内の上唇と下唇の割合を逆転させることがあり、これはアンブシュアタイプの完全な変更をもたらす(アンブシュアタイプについて詳しくはこちら/英語)   しかしこれも結局は程度問題である。低音金管楽器奏者の場合、大きなマウスピースはそれはそれで小さなマウスピースと異なる問題の種になる。マウスピースをかなり高いもしくは低い位置に置く必要があるタイプの低音金管楽器奏者は、鼻や顎が邪魔になることがある。ホルン奏者やトランペット奏者はふつうはこのようなことに悩まされることはない。   高音金管楽器奏者で分厚い唇の持ち主は、自分に合った正しい上下の唇の割合を確保するためにマウスピースを唇の赤い部分の中に置く必要があるケースがある。一方で低音金管楽器奏者の場合、同じ割合を得る際にマウスピースの上側のリムは上唇の赤い部分より上に置かれるだろう。     Rider氏 ほとんどの奏者にとって、下唇の赤い部分より下にマウスピースをセッティングすることは低音域に問題をもたらすだろうし、おそらく音域間でのアンブシュアの明らかな「断絶」ももたらす。これは音域間での移動を難しくさせ、多くの場合比較的薄く硬い音にさせる。こういう結果にならない例外は、非常に薄い下唇の持ち主の場合であるが、そういったひとは非常に少ない。     ….第一に、奏者の唇の相対的な薄さや厚さはその奏者にもっともふさわしいアンブシュアタイプとは関係しないし影響を与えないようだ。少なくとも、唇の厚さ以外にもアンブシュアの形と機能に影響を与える要素はいくつもあるので、厚さで以っての一般化はわたしは避ける。実験結果は アンブシュアタイプと唇の厚さの有意な相関を示さないのだ。   第二に、下唇の割合が多いようなマウスピースの置き方は、ホルンに限らず全ての金管楽器において少数派であるということを明確にしておきたい。左利きの比喩をこれに関してわたしは好む。金管楽器奏者の大半は、下方流方向の息の流れになるアンブシュアタイプのどれかで演奏した方がうまくいくのだ。上方流方向の息の流れになるアンブシュアタイプの持ち主は左利きのひとたちみたいなもので、一般的ではないが、本当に左利き/上方流方向アンブシュアのひとはちゃんと左利き/上方流方向でやっていくことが成功に不可欠なのだ。これに関して統計的数字を出すには十分な量のランダムサンプルを収集できていないが、現在のわたしの推測では、全金管楽器奏共通に、上方流方向(マウスピースの位置は低め)のアンブシュアタイプでこそいちばんうまく演奏できるような解剖学的構造を持っている奏者は全体の15%を占めると思う。   ホルンの場合はマウスピースの大きさが異なるからという理由で、上方流方向のアンブシュアに関して話がちがってくるという意見を受け入れるには、わたしにはその証拠を見る必要がある。   ホルンと同じように、小さいマウスピースで演奏しているトランペット奏者たちを見ていると、むしろ他の金管楽器より上方流方向の奏者は多いくらいだ。低音金管楽器の場合、マウスピースが大きいため、上方流方向奏者(=マウスピースの位置は低い)は顎が邪魔になるのでマウスピースを低く置くことが困難になるという面はあるのかもしれない。   ホルン奏者はそういう問題はなさそうではあるが、上方流方向奏者はトランペット奏者に比べて少ないように見受けられる。わたしの考えでは、これは下方流方向のアンブシュアタイプのいずれかに属する奏者による著述に依拠した伝統的なホルンの指導法が原因としてより関係しているのではないかと思う。   わたしがRider氏の観点において異議を唱えたいのは、彼が上方流方向のアンブシュアタイプを「例外的」としているところえある。すべての金管奏者のアンブシュアは個別に異なっており、アンブシュアタイプに当てはまるものでも個別に異なっているのだ。そういう意味ではすべてのアンブシュアが「例外的」なのである。 教育法的な観点から述べると、異なるアンブシュアタイプに関するより完全な理解を試み、それらがタイプごとにどのように異なる機能の仕方をするかを知る方がよいと思う。でないと、結局は運頼みの当てずっぽうで指導をしていることになり、自分とは異なる、あるいは自分の知らないアンブシュアタイプの生徒に出会ったときに、自分の指導で生徒を壊してしまわないように願うばかりになってしまう。     Rider氏 ハイスピードカメラによる記録はわたしもとても興味深いと思うが、それを用いた分析の軸足がまずなによりも息の流れる方向にばかり置かれており、撮影や分析に関わったひとたちが何よりもそれだけを探し求めているかのようだ。そう感じたのは間違いだろうか?     Lloyd Leno氏がハイスピードカメラと透明なマウスピースを使って研究に取り掛かったとき、実は彼は息の流れでなく、演奏している音程の振動数と同じ振動数で唇も振動しているのかどうかを確認しようとしたのだ。これは当時の金管指導者たちの議論の種だったのだ。(結果的には唇もその振動数になっていることが分かった)   最初の研究を実施したとき、彼は被験者のうち4人が下方流方向アンブシュアで、1人が上方流方向アンブシュアで演奏していることに気づき、驚いた。そこでこの現象をもっと調査することにし、それが下のビデオ(英語)を生むに至った。     Lip Vibration of Trombone Embouchures. トロンボーンのアンブシュアの唇の振動   (これらのWilken氏による解説記事はこちら。英語。)     彼はアンブシュアタイプの持論を証明しようと調査を始めたのでなく、別の意図で始めた調査において集まったデータの分析中に結果的に気づいたのだ。   マウスピースを置く位置が息の流れの方向に対して与える影響については、何人もの著者 (ラインハルト,ファーカスTurnbull, Gibson, など)によって記述されており、簡単に確認できる。しかしわたしはこの著者たちの言葉も、わたし自身の言葉も鵜呑みにすべきだとは思わない。 透明なマウスピースは購入できるし値段もリーズナブルである。ぜひご自身で確認してみてほしい。     Rider氏 わたしは、息の流れの方向は、唇の正しいセッティングと両唇を近づけあったり開いたり距離を保ったりする能力に比べると、演奏をうまくいかせるうえであまり関係ないと思う。最終的には、振動数が肝心なのだ。いろいろな理論や方法論が強調されているが、高い振動数のときアンブシュアは何かしらタイトで狭められたものになり、低い振動数のときは大きくゆるい(ただしコントロールされてはいる)ものなのだ。 息の方向を変えるとき、それは上下の唇を互いに近づけるか遠ざけるかの動きを行うひとつの方法だ。唇同士が重なり合ってしまって振動をダメにしてしまわない限りは、上下の唇を互いに近づけるもしくは遠ざけることに有効である。そういう意味では、息の流れという観点からいくつかの結論を引き出すことはできるが、息の流れの方向からの指導によって起きうることを思うと完全な方法論であるとは思えない。いろいろなことが起きる可能性がありすぎるからだ、悪いことも含めて。     高い音はより速い振動をより小さいアパチュアとより少ない唇の振動範囲を用いることを、低い音はその逆を必要とすることはその通りだ。しかし透明マウスピースを用いてうまく働いている金管アンブシュアを観察すると、上か下の唇のどちらかが一方より必ず優位になっており、それにより上方か下方のどちらかへ息が流れていることを知ることができる。また、奏者によっては唇を重ね合わせていることがある。その重ね合わせ方はときに正しく、ときに誤っている。   どちらの唇が優位に働き息がどちらない流れているかという観点からの方法論はそれ自体において完全な方法論ではなく、状況において適切なら使うことができるツールにすぎない。   この動画は、適切な状況の例だ。(英語)     チューバ奏者のアンブシュア Rider氏 ホルンの場合、マウスピースがアンブシュアの機能に関わってくることが多く、しかも邪魔をしてしまうようなことが多い。振動が邪魔されない状態を維持するには、わたしたちはアンブシュアのどの位置にマウスピースを置くかを気をつけなければならない。マウスピースが動きの自由さを邪魔しているかもしれないし、唇を重ね合わせ過ぎていれば唇が垂直に重なるような形でぶつかり合うことで振動を途切れさせてしまうからだ。マウスピースを下唇の赤い部分のいちばん下のところにセットすることで下唇の力を活用することができる。また、そうすることで下唇の巻き込みも予防できる。このようなセットするポイントを確立していることは、様々な音域を自由かつ一貫的に演奏することに大いに役立つ。これはトロンボーン奏者がするであろうこととほとんど同じなのだが、ホルンの場合はマウスピースを置く位置が誤っているとよっぽど難しくなってしまうのだ。     Rider氏の言うように、マウスピースは振動に影響する。これはホルンやトランペットだけでなく全ての金管楽器にとってもそうだ。 やはりこれも程度問題なのだ。   Rider氏の描写したマウスピースの置き方は、これは彼自身の上下の唇の使い方を表したものであり、多数派的なアンブシュア奏者のアンブシュアの働き方はいずれもこれに似ているようだ。   わたし自身アンブシュアは、トロンボーンを演奏しようが他の金管楽器を演奏しようが Rider氏の描写しているものとほとんど正反対の働き方をする。   上方流方向のアンブシュアタイプを持つホルン奏者の例として、デニス・ブレイン、フィル・マイヤーズ、ブルーノ・シュナイダー、テレンス・ジョーンズといった者が挙がる。このような上方流方向のアンブシュアタイプの奏者たちはこのアンブシュアタイプに適した解剖学的構造を持っているので、演奏しているときの感覚はRider氏の描写したものとは異なることになる。     Rider氏 ホルンの場合、上唇の赤い部分の範囲内にマウスピースのリムを収めることは危険ですらあると思う。それは、大多数の人にとって上唇の方が下唇よりよっぽどデリケートで痛めやすいからだ。これは強いプレスを用いるより年配の奏者たちにとってはとくに問題だ。もちろん唇というのはその大きさ、形、対称性、筋肉の構造において非常に多様なので、ひとによっては酷使に耐えられる量は多いだろう。ただし、年齢による衰えということには注意せねばならない。     上唇が圧力に対して下唇より敏感なのはその通りだが、これは赤い部分だけでなく唇全体においてそうなのだ。   マウスピースの重さを若干下唇に対して多めにかけておくというのは全ての金管楽器奏者にとって良いアドバイスだと思う。   さて、もし低い位置にマウスピースを置く上方流方向のアンブシュアに適した解剖学構造を持っていないのにマウスピースを上唇の赤い部分に収まるような位置に置こうとすれば、間違いなく上唇に対して圧力をかけすぎることになる。   しかしながら、マウスピースを上唇の赤い部分に収まるような位置に置くのが最適なアンブシュアタイプの持ち主にとっては、このような置き方でも普通は上唇に対する圧力をあまり必要とせず、むしろ上唇優位な置き方をしたほyが上唇に圧力をかけすぎる結果になってしまうのだ。   より一般的である下方流方向の奏者の方にはわたしの言葉を信用していただくほかない。上方流方向のような置き方・吹き方をすると Rider氏の描写するような問題を抱えることになるからだ。     余談だが、マウスピースを低い位置に置く上方流方向のアンブシュアタイプが最も適している奏者たちは、なぜか下方流方向タイプのアンブシュアで無理やり吹いてしまうことができる傾向ができる。ただし、もちろん本来適したアンブシュアタイプで演奏するときほどうまく機能することは決してないが。   一方で下方流方向アンブシュアタイプの奏者たちのほとんどはどうあがいても上方流方向のアンブシュアタイプで演奏することがどうしてもできない。     マウスピースを当てる位置がどれだけ高かろうと低かろうと、マウスピースの一部は上唇の赤い部分に触れることになる。当てている位置がその奏者の解剖学的構造に適した場所であり、その奏者がその奏者に適したアンブシュアタイプで演奏してさえいれば、誰にとっても上唇にかかる圧力は問題なくやっていけるものだ。   そのマウスピースの位置をその奏者にとって不適合な場所にずらすと、赤い部分に収まっていようがいまいが、上唇に対して圧力をかけ過ぎるリスクを抱えることになる。     根本的に、わたしはRider氏やほかの著者のことを誤っていると証明しようとしているわけではなく、彼らの示している情報の不完全な箇所を指摘しているだけだ。   このような公開討議を行うことは、ファーカス、ジェイコブス、ラインハルトその他といった著者たちの仕事からさらに前進するために必要不可欠だと思う。   そのアドバイスどのように自分に最適化して活かすかを考えてみることなく、他人が書いたことをそのまま受け入れることはやるべきでない。   自分のための最適化の方法を学ぶには、わたしたちは互いに自らのバックグラウンドや根拠を示し合い、なぜ互いの結論が異なるのかを理解する必要がある。   もっと多くのホルン奏者が、そして全ての金管奏者が、インターネットで自身のアンブシュアについての考え方を説明し、また弁護してくれることを願う。   今回、こうして聡明にも意欲的にこのやり取りを公開することを歓迎してくれたRider氏とエリクソン氏(訳注:このやり取りが公開された HornMatters の管理人)にお礼を申し上げたい。       […]

Your email address will not be published. Required fields are marked *